お問い合わせ
アクセス
ようこそホタルといで湯の里へ

事務局のヒトコト

●関連団体

下関市豊田農業公園「みのりの丘」は、農業の最大の歓びである「実り」の実体験を中心に、都市と農村が交流しながら「実り」ある時間を過ごせる場所づくりを目指しています。

基本情報

 山口県下関市豊田町大字八道601-3

 住所

 083-766-1395

 電話番号

 有り(車椅子用4台・大型バス3台・普118台)

 駐車場

 毎週火曜日、年末年始

 休日

 ホームページ

宿泊施設

 1泊(正午から翌日の午前10時まで)¥10,280

 日帰り(正午から午後5時まで)¥5,140

 価格

 5棟 / 1棟4名

 総部屋数

体験

 大人¥1,300、事前予約が必要

 そば打ち体験

 田植、稲刈り、餅つき(3つの体験がセット)¥1,500/人

 水稲 農業体験

 種まき、収穫、新そば打ち(3つの体験がセット)¥1,500/人

 そば 農業体験

 種まき、収穫、豆腐作り(3つの体験がセット)¥1,500/人

 大豆 農業体験

 水耕栽培のサラダほうれん草が通年で収穫体験ができます。

 野菜 収穫体験

 品種は「さちのか」。 グループやご家族連れでお越しください。

 いちご 収穫体験

 梨狩り。品種は「20世紀」「豊水」毎年8月25日~9月30日まで

 果樹 収穫体験

御食事

 午前11時~午後3時まで

 営業時間

 毎週火曜日、12/31PM~1/6

 定休日

 竹膳入口で食券の購入をお願いしております。入店後、係にお渡しください。

 食券

 事前にご相談ください。(テーブル席、小上がり3)

 席のご予約

 特産品販売所 みのり館(083)766-1270

 お問い合わせ

特産品販売所

 午前9時~午後5時まで

 営業時間

 毎週火曜日、年末年始

 定休日

 特産品販売所 みのり館(083)766-1270

 お問い合わせ

農村に見られる美しい景観や史跡、伝統的な農業施設などを、その場所でありのままに保存していくものとして、【田園空間博物館】があります。

田園空間博物館とは、農村景観や、伝統文化などを保存して地域全体を博物館に見立てたもので、行政と地域住民が一体となって、地域の生活・自然・文化遺産を保存・育成・展示することを通して、地域振興につなげていくという理念を持った、新しいタイプの博物館です。

 山口県下関市豊田町八道601番地3

 住所(総合案内所)

 083-767-1033

 電話番号

◆浮石義民直訴の地

約300年前、大凶作と領主の過酷な年貢取立てに苦しむ浮石村の農民を救うため、庄屋をはじめ5人の義民が自分たちの命と引換えに幕府の役人に直訴を行おうとした場所である。

◆奥野の棚田

厳しい地形と向き合いながら農業を営んできた豊田町を代表する棚田風景。近くには棚田が作られた当時の石垣がそのまま残っている。

◆八道の刳貫堤(くりぬきつつみ)

高低差の殆どない地域で、農業用水を得るための工法を利用し作られたもので、小山を刳り貫いて、ため池反対側の開墾田へ用水を引く仕組みになっている。

◆浮石義民旧庄屋宅

浮石義民の一人である庄屋藤井角右衛門の家があった跡地。また、敷地内には当時の資料を展示している浮石義民資料館がある。

◆台ヶ原サイホン

大正時代、台ヶ原の土地は、台地のため十分に水が確保できなかった。そこで、サイホンの原理を利用し、台地に水を引くために大正4年から6年にかけて建設工事が行われた。

◆奥野川ホタル谷

木屋川の支流の一つである上殿敷奥野川周辺では、かつて農業用水路を改修してホタルを養殖していた。このサテライト施設は、その養殖場を再現している。

◆館ヶ浴の椿

館ヶ浴という地名は、今から約900年前、豊田一帯を治めていた豊田氏の二代目輔平が館を構えたことからきており、この地の丘に咲く椿は樹齢600年以上と推定される。

◆江良古墳群

江良古墳群の整備は、「地域の歴史を学ぶ場」として子供から提案されたもので、施設では古墳時代終わりの遺跡が4基みることができる。

◆旧殿居小学校維新分校

明治8年に学舎として設置。昭和10年に殿居小学校維新分校として現在の場所に移転。昭和46年の統廃合後は「維新村塾」、現在は「清流館」という愛称で、外観や内装は新しくなっている。

◆伊藤田の六地蔵

かつて堂ヶ岳への参拝道であった道が残っており、その脇に並んで立つ六地蔵は昔の農家の人々が、安全を祈願していたと言われている。

〒750-0441

山口県下関市豊田町大字中村876-4

(豊田町道の駅「蛍街道西ノ市」内)

TEL
FAX

083-766-0031

083-766-0377