お問い合わせ
アクセス
ようこそホタルといで湯の里へ

豊田町,豊田町観光協会,ほたるん,道の駅,山口県,下関市,ゴルフ,ほたる舟,角島,蛍街道西ノ市,一の俣,温泉

下関市豊田町は市内最高峰となる華山をはじめ、霊峰狗留孫山・一位ヶ岳など中国山地の西端の山々に周囲を囲まれ「ホタルといで湯の里」として親しまれる自然と歴史の豊かな町です。

山あいの町ながら古くから赤間関街道・肥中街道・長府街道が通り長門鉄道の発着点となるなど、交通の要衝として栄えてきた歴史を持ちます。市内でも有数の観光資源を持つことから現在は年間90万人以上の観光客の皆さまが訪れます。

安徳天皇西市御陵墓、浮石義民、近松門左衛門生誕の地など歴史の懐も深い豊田町。ぜひ一度お越しください。

●関連団体

事務局の日常

春には樹齢六百年以上の館ヶ浴の椿や、県下一の大きさを誇る長正司公園の大藤棚が人々を魅了します。初夏には天然記念物の木屋川ゲンジボタルが数千、数万の光の群れをなして乱舞する中「日本初のホタル舟」に乗れば、幽玄の世界を堪能できます。毎年この時期には豊田最大のイベント「ホタル祭り」が盛大に開催されます。

夏は徳仙の滝や石柱渓での散策が暑気に涼感を添え、また釣りやボート遊び、昆虫採集やオートキャンプ、ログハウス調のケビン宿泊、バーベキューもできる豊田湖畔公園が家族連れの人気を集め、夏の自然を満喫するのに絶好のポイントとなっています。

秋には豊田町の特産物である「観光梨狩り」やぶどう狩り、りんご狩りが始まります。華山神上寺や石柱渓、狗留孫山では深紅に色づく紅葉の彩りを撮影しようと遠方から多くのカメラマンが訪れます。

冬は豊田湖で冬の風物詩であるワカサギ釣りが楽しめ、西日本有数の美人湯泉質を誇る一の俣温泉郷をはじめとした町内の温泉では、しっとりとした情緒に心からゆったりとくつろげることでしょう。

〒750-0441

山口県下関市豊田町大字中村876-4

(豊田町道の駅「蛍街道西ノ市」内)

TEL
FAX

083-766-0031

083-766-0377